浮気調査の依頼

 

女性画像

 

浮気調査こそどこの探偵会社でも一番依頼件数の多い案件です。

 

ですが、プロといえどもなかなか浮気現場をおさえるというのは難しいものなのです。

 

なぜなら浮気している当人はやはり後ろめたさを感じていますから、

 

結構周りに敏感なんです。

 

そんな人を尾行していくのですから、簡単ではないことは察していただけると思います。

 

でも探偵会社の看板を掲げている以上、そこを追跡して証拠をあげるのがプロの仕事なのですが、

 

普通の浮気調査ならいざしらず、奥さんが知り合いに頼んで旦那を一度尾行したあげく、

 

さらにそれがバレた後に”やっぱり素人では無理だからプロにお願いしよう”てな感じで依頼してくる人が意外と多いのです。

 

これはハッキリ言って超難しいです。

 

旦那としては一度尾行されているのですから、浮気相手と会うときなどは相当の注意を払うでしょう。

 

無論車に乗っていても、後ろからついてくる車がいないか、絶えずルームミラーで確認します。

 

ホントにかなり慎重にやらないとまずバレます。

 

探偵社FUJIリサーチ

 

私がいた探偵会社ではそんな依頼があった場合は、基本的に尾行はしません。

 

まあ厳密にいえばとりあえず尾行はしますが、旦那が車で女に会いに行く日など明らか に後ろの車を気にしていますので、そんなときは尾行をやめて離れます。

 

そして前もって旦那の車につけておいた発信機の電波を頼りに車を探すのです。

 

それでその車がラブホテルなどに停まっていれば、あとはその車のみえる位置で張り込むのです。

 

それで女と出てきたときに ”パシャリ” もうそれしかありませんでしたね。

 

今はGPSの普及でもっと簡単に居所が分かる方法や性能のいい機材などあると思いますが、 私がやっていた頃は今ほど便利な機材というのはありませんでしたからね。

 

さて、旦那の浮気現場は一応おさえました。

 

あとは女性がどこに住んでいてどういう女性かを知る必要があります。

 

旦那の車が女性と一緒にラブホから出たら、ここは勝負ですから 絶対に見失うわけにはいきません。

男性画像

 

多少怪しまれても尾行するしかないのです。

 

結構多いのは女性の車を近くのパチンコ店などに停めているケースです。

 

もちろんそのまま女性のマンションまで送るということもありますが、

 

旦那のほうはかなり注意しているわけですから、女性のマンションまで迎えに行く というのは可能性としては低いと思います。

 

そして女性が車であれば、最低ナンバープレートまで確認して離れます。

 

もちろんいけそうなら、そのまま女性の車を尾行してもいいのですが、無理は禁物です。

 

確かにナンバープレートだけでは、その登録住所に今もその女性が住んでいるか は保障がありませんから弱いですが、バレるよりは全然マシです。

 

一応探偵の常道には一気に全てを知ろうと思うな、というようなニュアンスの言葉があります。

 

まずは女性の住んでるマンション、次に住んでいる階、そして最後に何号室か、 と段階をわけて調査していくのが常道ということでしょう。

 

それはお金をだしている依頼者にとっては一発で全てわかってもらいたいと思うことでしょう。

 

しかし、無理をしては危険なんです。

 

せっかく高いお金を払って調査を依頼しても、バレてしまっては元も子もないのですから。

 

 

 

 
トップへ戻る