イタズラ電話の依頼

 

電話画像

 

いたずら電話による被害というのは結構あるものなんです。

 

私のいた探偵会社にもいたずら電話の犯人をあげてほしいなんて依頼もちょくちょくもらいましたが、

 

だいたいが別れた旦那、奥さん、恋人、愛人なんてケースが多いんですね。

 

それに本人の自意識過剰なんてこともザラにあります。

 

私が探偵をやっていたころはそれほど携帯電話もなかったころです。

 

ある時自宅の電話に1時間のうちに20回も30回もいたずら電話がくるからなんとかして ほしいとの女性からの依頼をうけました。

 

ある意味半信半疑?で依頼者の自宅で話を聞いていたところ、 ホントに30分のうちに20回くらい電話が鳴っては切れ、鳴っては切れが続きました。

 

何回か電話にでてもらったのですが、無言のあとに切ってしまいます。

 

こりゃ確かに異常だわと依頼者に色々聞いたところ、まず依頼者は会社で自分が所属する課の部長と付き合っていたそうです。

 

そしていたずら電話が鳴り出したのは、その部長と付き合い始めたあたりからだと言うのです。

 

原一探偵事務所

 

でも依頼者は度重なるいたずら電話のために神経が病んでしまい、会社も辞めてしまって、その部長とも別れたのだそうです。

 

しかしいたずら電話はおさまらないのだとか。

 

まあ考えられるのはその部長に愛人かなんかがいて、依頼者の存在をしって頭に血が上り、 毎日いたずら電話をするようになったということでしょう。(確か部長には奥さんがいなかったと思う)

 

とりあえずはその部長を尾行して他の女の存在を確かめることからはじめたのですが、

 

この部長。

 

やたらに真面目で定刻に会社を出たあとは毎日まっすぐ家に帰宅するのみです。

 

道草もくいません。帰宅した後も張り込むのですが、家から一歩も出歩いたためしがありません。

 

ひょっとしたらどこかに隠し裏口でもあるのかと疑ったほどです。

 

ホントに神様のような人でした。

 

こりゃまいったなと思っていた矢先に新登場したのが、ナンバーディスプレイ付の電話機です。

 

さっそく依頼者の家にその電話をとりつけると1分後にいたずら電話が鳴りました。

 

完全に番号がでています。

 

番号から察するに結構近所です。

 

その番号から何度も何度もいた電が続きます・・・・。

 

結果からいうと犯人は依頼者と同じ会社にいた女性でした。

 

実際部長とも何の関係もなく、その女性のただの片思いだったのです。

 

でも自分の思い焦がれる部長と付き合った依頼者がとにかく許せなかったのでしょう。

 

女性とは怖いものです・・・。

 

まあ何にしてもとりあえず解決はしたのですが、ちょっとスッキリしない調査でしたね。

男性画像

 

探偵らしく尾行であげたかったですよ。

 

犯人を。

 

まさかナンバーディスプレイで解決するとは・・・。

 

 

 

 
トップへ戻る