ちょっと変わった依頼者

 

のぞき画像

 

探偵会社に依頼してくる人の中には明らかに自意識過剰な人や、 ちょっと変わった人など様々な人がいます。

 

うちの探偵会社でもたまに変わった依頼者が訪れたものです。

 

依頼内容としては、夜中に自分の家の屋根の上を何者かが歩いたり走ったりしている。

 

また、自分が留守にすると誰かが部屋に侵入している。

 

なぜならコップの位置がかわっているからだ。

 

などの依頼です。

 

ほぼ100%その人の思い込みなのですが、お金をもらった以上、真面目に調査しなければなりません。

 

とにかく部屋の中も家の外も24時間ビデオカメラを回します。

 

なおかつ家の周囲2ヶ所で張り込みます。

 

さあ持久戦の開始です。

 

ただじ〜っと家を眺めます。

 

はてしなく・・・。

 

たまに”んっ誰かきたか?”

 

とカメラをかまえると、どこかの会社のセールスマンだったり、郵便局員だったりそんなものです。

 

正直この手の調査はすごく退屈です。

 

言っちゃなんですが、緊張感というのがあまりありませんからね・・・。

 

何度かこのような調査をしましたが、 一度たりとも異変があったことはありません。

 

まあとにかくそのビデオテープと調査報告書を依頼者のかたにお渡しして、 24時間見張りましたが変わったことはありませんでしたよ、とそう伝えるしかないですからね。

 

それで納得していただければ私たちの仕事は終わりですが、「いや、昨日はたまたまだ。」 と言ってお金のある依頼者のかたなら結構延長しますね。

 

大変ありがたいですし、嬉しいのですが、反面ちょっと憂鬱な気持ちにもなります・・・。

絵描き画像

 

 

 

 

 
トップへ戻る